モカメラぶろぐ

私virgoがお届けする、ほとんどモカの写真集的なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うぅ……

夜行列車暑すぎる……。

モカなんとか頑張ってね……。



【写真は乗り換え駅の新津で飲んでいたビールをなんとなく】

新津でビール
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 23:59:34|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モブログ投稿確認

20080730213209.jpg
今回の記事は、モブログという携帯のメールを使用したエントリの方法を使用してみています。
何故かというと、明日から4泊5日で奥様の実家である新潟に行ってくるからです。
あちらにいる間はパソコンが使えませんので、メールで手軽に投稿できるこのモブログを使用してみたいと思います。

さんざん悩みましたが、モカも連れていくことにしました。
すでに奥様の実家の方にはモカを迎え入れるケージを用意していただいています。
少しでも移動中のモカへの負担を減らすため、帰省は夜行列車を使用することにしました。
寝ている間だったら普通の電車内の気温で問題無さそうだと思ったからです。
理想は『モカが寝ている間に移動して、目が覚めたらケージと周りの風景がちょっと変わってたな。』くらいの反応です。

この時期のモカにあまり負担をかけたくは無かったのですが、なんとか頑張って欲しいです。
あと奥様の妹さんが獣看護師だったので、ちょっと心強いっていうのもあります。

環境的にはこちらより向こうの方がはるかに良いので、素敵な休日をモカと過ごしたいです。

もっぱら一番の心配は、奥様の実家にいる黒猫ちゃんなんですけどね。
  1. 2008/07/30(水) 21:32:11|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テスト

20080730205138.jpg
テスト
  1. 2008/07/30(水) 20:51:40|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モカの寝床?

昨日モカに新しい遊び場ができたことをお伝えしました。

橋渡るよ!

このアスレチック的な場所をモカはいたく気に入ってくれたみたいで、最近はもっぱらここにいることが多いです。
ただ、この場所に登るには結構ジャンプする必要があり、うまく登れない時もあるみたいです。
奥様が目撃した時は、ジャンプしたはいいが下っ腹がヘリにつっかえ、登るも降りるも

進退窮まらぬ状態となっていたそうです。

その模様を奥様が記録していてくれました。



いつもなら私達の手が近づいてくると腰の引けるモカが、この時はおとなしく下から持ち上げてもらっていたそうですから案外本当に困っていたのかもしれません。

そして嬉しいことに、

睡眠の場にここを選ぶことが多くなりました。

実はそのことをかなり期待していた私。
してやったりです。
その模様がこちら。

橋の上で寝るモカ

足を伸ばして、落ちないように手でキュッと橋に掴まってお休みします。

橋の上で寝るモカ横

下から見た図。

橋の上で寝るモカ下

その様子がもう可愛すぎてたまりません。

助けてください。


寝るだけで我々を癒してくれるなんて凄すぎるよモカ!
最後にもう一つ、寝ているモカの空撮動画をご紹介。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/29(火) 22:43:28|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい遊び場

モカはやたらと登りたがります。

ケージの金網部分やバスキング用のブロック、ガラス面も登りたいようでシャカシャカしています。
そこでモカに新しい遊び場を作ってあげることにしました。

100円ショップで以下のものを購入。

・ペン立て

・マグカップスタンド

・パスタとかを掴むやつ(名前失念)


ちなみにどれも木製です。
ちょっと表面がツルツルしているので、モカが滑らないかが少し心配でした。(もし滑るようなら引っかかりを作るためのヤスリも用意)

それらを組み合わせ、いざケージの中へ設置!
さっそくそれに興味津々のモカの動画をご紹介。



その後角度を変えたり、周囲をグルグル回りながら様子をうかがうモカ。
高さを測るようにしばらく見上げていたあと…

意を決してジャンプ!!

見事に遊び場のベースとなる逆さまにしたペン立ての上に登ることに成功し、得意げなモカ。

得意気

その後パスタとかを掴むやつ(名前失念)で作った橋の上を渡り、マグカップスタンドの方へ。
横に突き出した棒の上に乗っかったりして遊んでいました。


橋の上

どうせ100円だし、モカが気に入らなかったり危ないようならすぐに撤去しようと思っていたのですが、予想以上に気に入ってくれたみたいで凄く嬉しかったです。
ちなみに今回の遊び場以外にも、モカのケージの中のものは100円ショップなどで安く買ったものがほとんどです。
それぞれのお値段は

・水入れ【100円】
・餌入れ【100円】
・日光浴用の木の板【100円】
・飾り用のビニール製の植物【100円】
・ブロック×3【一個50円】
・床材代わりのペットシーツ【一回分20円くらい】




・モカのいてくれる生活【priceless】




はい

最後のを言ってみたかっただけですスミマセンでした。


_______________________________________

最後に動画をもう一つご紹介。
新しい遊び場でまったりとすごすモカの様子です。
しかしこの動画に限らず、まったりと過ごすモカの動画は
ほとんど静止画と変わりないなぁ、と思いました。

微妙な変化に気付けるかのアハ体験代りに使っていただければ幸いです。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/28(月) 21:18:09|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

モカのお食事


モカは野菜や果物、フトアゴフードなどなんでも食べてくれるから助かっています。
それらを混ぜてサラダにしたものをご飯の入れ物に盛っておけば自分で食べてくれます。
栄養のバランスから考えても、好き嫌いなく食べてくれるのはとてもいいことですからね。

ただ、なぜか赤いものを避けているような感じがありますが。

野菜の中でも人参を食べているところを見たことがありませんし、人工飼料を食べる時も赤いのだけ食べていないような気がします。

モカのごはん(フトアゴフード)


聞くところによると他のお家のフトアゴちゃんもそういった好き嫌い(?)はあるみたいですが、バランスの面から言ってもできれば食べてほしいですよねー。
まぁ好みも変わっていくみたいだし、とりあえず今のところは心配することもなさそうですが。

とか言いながら何とかたくさん野菜を食べさせようと頑張る飼い主と、

気分じゃないのかガン無視するモカの動画をご紹介。



最近は環境にも慣れてくれたのか、食欲があってくれて嬉しいです。
大体毎日コオロギを大小10匹くらいと、野菜やフトアゴフードのサラダを食べます。

旺盛な食欲のお陰か、うちに来た時と体長はあまり変わらないようですが、

目に見えて下っ腹が出てきました。

まぁ今は育ち盛りだから気にすることないか!
フトアゴだもんな!

そんなモカのお食事シーンをご紹介。
お野菜を自分からいっぱい食べてくれています。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/27(日) 22:27:43|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モカは親思い?


今日撮り貯めしていたモカの写真を見ていて、ふと思いました。

「この子、凄く親思いなんじゃなかろうか?」と。

モカの両親はお父さんのアゴちゃん
パパ!

お母さんのビビちゃん。
ママ!

モカがお父さんのアゴちゃんから受け継いだ必殺の「立ち寝」を得意技としているのはこれまでにご紹介したとうり。

そしてお母さんとお別れの場面の写真を見てみると、一生懸命お母さんの動きを真似する健気なモカの姿がありました。

ママのマネ①
モカ「ままとおんなじするー。」

ママのマネ②
モカ「ままいっしょー?」

お父さんもお母さんも大好きなんだねモカ。
アゴちゃんとビビちゃんみたいに、元気で大きくなってね。
そして私達のことも両親と同じくらい好きになってくれたら嬉しいなぁ。

しかしそこまで考えて、ふと

「はて、モカはお父さんとお母さんのどっち似なんだろう?」

という疑問が頭をよぎりました。

?モカ


体の模様とか、顔の感じとか。
写真を見比べて見ていましたが、まぁもうちょっと大きくならないとまだ判らないかな?
などと思っていたところでようやく

そういえばまだ♂か♀かも判らないんだった。

ということに気付きました。
まぁどっちでも可愛いからいいんだけど

______________________________________

今日の動画は、その親思いのモカの睡眠シーン。
お父さんのアゴちゃんの真似をして金網にぶら下がったままでおねむします。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/26(土) 23:06:06|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モカの睡眠

モカは今日もご飯をいっぱい食べて、元気いっぱいに遊びまわり、先ほどお休みになられました。
モカは大体いつも朝の五時くらいに起床します。
私達よりも早起きです。
そして夜の七時半から八時くらいにはおねむします。
今日も立ったままお休みですね。

ちなみにモカは起きている間はお腹が黒い斑点模様があって真っ黒です。

おきにいりのばしょ

ですが、寝ている間はお腹が真っ白になります。

腹白い

黒い斑点も消えて本当に真っ白です。
なんとかその白さをカメラに捕らえたいと頑張りましたが、明るくするとモカが起きてしまうのでなかなか上手く撮れません。
今一番カメラで捉えたい瞬間なのです。
これからの課題です。

モカが寝始めて、部屋がまだ明るい間はケージに布団のシーツをかけています。

モカケージ夜用

これ一枚描けるだけでケージの中は真っ暗になるので、モカが早めに寝始めた時は重宝しています。

寝る子は育つ!

いっぱい食って、

いっぱい寝て、

大きくなれよモカ!!


______________________________________


今日の動画は昨日の続きです。
お風呂に入って温まったモカは、出たくなるとこうやって教えてくれます。




はい、全力で脱走を試みて暴れ回ります。

最後溺れかけみたいになってパニくっているように見えたので、焦ってカメラを落としそうになってしまいました。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/25(金) 21:26:04|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モカは

今日も大元気!!

ちなみに昨日はモカにしては珍しく、普通に床で寝ていました。
今もそうですが、モカは壁に寄り掛かって立ったまま寝ることが多いです。

立ちモカ

やはりお父さんであるアゴちゃんの血なのでしょうが、今日はケージの周りを飛ぶコバエみたいなのを捕らえようとガラス面に手をついて背伸びしていたところ
突然襲ってきたのであろう眠気に負けて爆睡を始めましたから単にどこでも眠れる子なのかもしれません。

しかしそのコバエには最近ちょっと頭を悩まされています。
モカの飼育とともにコオロギを飼い始めたのですが、そのコオロギに与えている餌の残りなんかから増えているみたいなんです。
ご飯の時なんかも周りを飛び回って鬱陶しいったらありません。
そんなワケで、数日前に試験的に我が家ではこのような兵器を導入し彼等に対抗することにしました。

ハエ取り紙

こんなものを吊るしている家を私は小学生以来見たことがありません。
しかも悲しいくらい効果がないです。
モカがいるので蚊取り線香やバルサン等の大量殺傷兵器の類は使用が躊躇われており、このような地味な道具で対抗せざるをえない状況です。
性急なる新型兵器の導入に成功し、この戦いに一定の戦果をあげることが現在の我が家における急務とされています。

でないとみっともなくて家に人を招待できねぇ。

まぁ、コバエを追うのがモカの良い運動にもなっているみたいなんですけどね。
たまに捕食に成功しておやつ代わりになってるし。

___________________________________

本日の動画はモカのドキドキ入浴シーン。
モカはお風呂を嫌がる様子もないので助かっています。
ゆっくり温まって、出たくなったらちゃんと教えてくれます。

出たくなった時の合図はまた今度ご紹介しますねー。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/24(木) 21:20:10|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モカ復活!飼い主も復活!


昨日まったく元気がなく、餌も食べずグッタリしていたモカ。
私達夫婦も心労でグッタリ。
期待を込めて朝を迎えたわけですが・・・。

やはりモカは元気がない。
電気を点けてもライトの下で目を閉じたまま、やはりグッタリと動く気配もなし。

今日はたまたま仕事がお休みだった私は、心配しながらも仕事に出かける奥様を送り出してモカの様子を見ることに。
あまり様子を見すぎてもモカのストレスになるかも、と思いながらも、心配でついついっ

祈るような気持ちで小さめのコオロギを選んで数匹、ケージの中へ。
「お願い!食べてモカ!」
そう心の中で叫びながらモカの様子を見ていると・・・。

ダメです・・・。

たまに眼でチラッとは見るものの、食べようとする気配もなく、また眼を閉じてグッタリとするモカ。
本当にどこかおかしくなっちゃったのかな・・・。
不安で胸が締め付けられるようでした。
その時・・・。

『ぱくっ!』
えっ・・・?

近くを通ったコオロギを、ついに1匹食べてくれたんです!
モグモグ…と口を動かしながら、みるみる眼に生気の漲っていくモカ。
そして・・・

モカ、大復活!!!

さっきまでぐったりしていたのが嘘のように、ゲージ内を走り回りコオロギを次々とたいらげていくモカ。
すべてのコオロギをたいらげ満足するとケージの中でハシャギ始め、挙句の果てには

おもむろにケージ壁面の金網部分登頂にチャレンジし始める意味不明さも披露。

スパイダーモカ

その後も終始元気いっぱいで、この記事を書いている今は気持ちよさそうに寝ています。

本当に本当にホッとしました。

元気いっぱいのモカを見て、それまで心配でグッタリしていた私達もようやく復活。
完全にモカとバイオリズムが一体化しています。

モカが元気なら私達も元気!

いつまでも元気でいてね、モカ!

片足?モカ

今日もモカの動画を紹介したいと思います。
モカは昨日一日ずっとこんな調子か目をつぶってグッタリしているかでした。



吐きたそうにしているようにも見えて心配していましたが、元気になった今日はほとんどすることはありませんでした。
ただ今日、食欲の復活とともに五感が冴え渡っていたのか、ケージ内に入り込んだコバエみたいなのを空中でキャッチして食べてしまったことを見て


この狩りのイメージトレーニングではなかったのか。

という考えがふと頭をよぎりました。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/23(水) 22:39:59|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飼い主は心配症

毎日が喜び不安の連続です。

モカがご飯を食べてくれた。

モカがお水を飲んでくれた。

モカがウ○コをしてくれた。


その何気ない行動ひとつひとつに言葉にできないくらいの喜びを感じています。

しかし今日は心配でいっぱいです。

今日はうちにモカが来てから、初めてご飯を食べなかった日です。

いつもなら飛びつくコオロギにも見向きもしません。

しかも、お水もほとんど飲んでくれなかったんです。

いつもなら元気に走り回っているはずなのに、今日はほとんど一日バスキングライトの下から動こうとしませんでした。

確かめてみましたが温度は最高41度前後~最低28度前後とこれまでと変わりません。

しかもそれだけではなく、ずっと威嚇のような、深呼吸のような、喉を膨らませては口を大きく開ける行動を繰り返しています。

ただ、私達にではなくあさっての方向に。

とりあえず寝ている今は治まっているようですから、私達に対するただの威嚇であってくれればよいのですが・・・・・・。

その割にはお世話のときに体を掴もうとしても暴れて嫌がったりする素振りも見せません。

まぁその他はそれほど体調が悪そうというわけでもなく、胸を張ってライトに当たっていますから、とりあえず明日の朝また様子を見てみたいと思います。

明日の朝、また元気いっぱいにご飯を食べてくれることを祈って、今日は私達も休みたいと思います。


モカ、未熟な飼い主でゴメンね、早く元気になってね。


今日の動画はモカがお水を飲む動画です。
脱水が怖いですから時々霧吹きをしているのですが、霧吹きしずらい位置にいるときとかに手の上で霧吹きすると指についた滴をチュッチュと一生懸命飲んでくれます。

また元気に水を飲むモカがはやく見たいです。




テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/22(火) 20:45:32|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気あり余るご様子のモカ

今日もモカは元気いっぱい。
ごはんもいっぱい食べて、ケージの中を所狭しと走り回っていました。

ちなみに私の一日はモカのご飯の用意から始まります。

まぁ用意と言ってもコオロギの足をもぐことですが。

コオロギの後ろ脚は固く、食べても消化できないばかりか腸を傷つけてしまう恐れがあるらしいので、毎朝仕事に出かける前にその日モカにあげる分を準備していきます。
奥様は朝にあげる野菜&フトアゴフードの準備と私が用意したコオロギの投入係です。

しかし今朝いつものようにコオロギの準備をしていたら、一瞬の隙を衝いて一匹の逃亡を許してしまいました。
あわてて捕まえようとしたのですが、その動きは俊敏で、あっという間に家具の隙間へと行方をくらましてしまったのです。

あんな素早いのを捕まえちゃうなんてモカスゲぇ!
と感心しつつ、寸でのところで脱出に成功して落ち延びたコオロギの
第2の人生に幸多からん事を祈ります!!

話は変わりますが、モカは私達にはまったく威嚇はしてきません。
お風呂に入れたり霧吹きをしたりなど、お世話のために体を掴まれても暴れる素振りも見せません。
ただ、奥様の話によると今日のモカは少し違ったそうです。
物音に反応しているのか気配を感じているのかわかりませんが、奥様とはまったくあさっての方向に向かって口を開け、威嚇のようなポーズをとっていたようです。

その様子はまるで
「何か見えない敵と戦っているようだった。」そうです。

いかく?

そんな元気いっぱい(?)なモカの動画を今日もご紹介します。

うちのモカはやたらと何かに登りたがります。
飼育を始める前に色々と調べていたときにフトアゴヒゲトカゲはあまり立体行動をしない、と聞いていたのですがモカは違うようです。
今はありませんが、近いうちに流木等を用意してあげようと思っています。

動画はそんなモカの飼育ケージ登頂記念動画。
多分構造上これ以上登れない地点だと思いますが、さらに上を目指してやむなく滑落してしまいます。
落下してもケロリとした顔をしていますから大丈夫なんでしょうが、やはりちょっと心配になってきます。


どこかにフリークライミング好きなトカゲ用のハーネスとか売ってないですかね?





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/21(月) 21:09:53|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初モカ動画

現在の時刻、午後8時35分。

昨日私達夫婦を心労の極致に陥れた『モカ吐き戻し事件』から約一日が経過しました。
今日は本当に一日モカを眺めて過ごした休日となりました。
昨日のことがウソだったみたいにモカは今日一日元気に走り回り、一時間ほど前にお休みになりました。

初日と同様に壁に直立したまま。

ねむりモカ


モカのお父さんのアゴちゃんも立ったまま寝ていたそうです。
アゴちゃん遺伝子恐るべし!

モカのために照明を落として暗くした部屋で、現在この記事を書いています。
ちなみに書き始めてから5分が経過しました。
ふとモカのほうに視線を移すと

直立した姿勢のまま横に倒れこんでいました。

たおれモカ


多分爆睡しているだけなんだろうけど、ピクリとも動かないからちょっと心配になっちゃいます^^;
まぁ気を取り直して本題に戻りましょう。

本当は昨日アップする予定で準備していたのですが、モカがいきなりマーライオン始めちゃったから途中で頓挫してしまいましたモカの動画をアップしたいと思います。



(注)突然ですがここから先はお食事中の方は閲覧を禁止させていただきます。


動画の内容は記念すべきものです。
モカが初めてうちにやってきて、初めてご飯を食べてくれて。

そしてしばらくしたら急に挙動がおかしくなって。(ここから撮影スタート)


モカが初めてう○こしてくれた瞬間です!


私はこのモカが初めて飼育するフトアゴヒゲトカゲですから、当然う○こする所を見るのは初めてでした。
それまでお気に入りの場所で日向ぼっこしていたかと思ったモカが突然ワタワタし始め、何事かとカメラを向けた瞬間その可愛らしい尻尾をジャッキのように使ってお尻を上げ、「???」となる我々の目前で得意げにプリッとしでかしてくれたのです!



もうその瞬間の愛おしさたるや・・・・・・!!
思わずう○こを片付けるとき(もちろんこれも初)ニヤニヤしっぱなしでした。

そしてその後モカはまたうちで初めてのことを見せてくれます。



(注)突然ですがここから先はお食事中の方は閲覧を禁止させていただきます。
【セキュリティーレベル特A】



うちでモカが初めてう○こを舐めた日!!



プリッとやった直後、意表を突かれ呆ける我々を尻目にシャシャッ!と素早く動いてペロリとやりました。
止めることなど不可能でした。

そしてその晩は初めての直立就寝を披露したモカ。


モカ!初日から飛ばしすぎだよ!!

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/20(日) 21:18:26|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやーびっくりした


(´;ω;`)うぅ・・・


(´;ω;`)うぅ・・・・・・


(´;ω;`)よかったよぅ・・・。


この記事は、実際には20日の朝に書いています。
というのも、昨日は心労でブログの更新どころではなかったからです。

昨日何があったのか、ひとまず一段落した今、振り返ってみたいと思います。

だれー?.

我が家に来て初めての朝を迎えたモカ。

昨晩は消灯と共にお気に入りのガラス面にくっつき、直立して御就寝あそばされました。
上の写真から、腕立て伏せに疲れて壁に突っ伏したような状況です。

早くもお父さんのアゴちゃんの遺伝子が開花しています。

そして朝、私よりも先に目覚めた奥様の目撃証言によると

『熟睡のあまり足は崩れ落ち、手は壁から離れて体は後ろに倒れ、若干イナバウアーを彷彿とさせる様相を呈していたそうです。』

写真は撮らなかったの?と私が若干抗議めいた質問をすると、

「だって明らかに尋常じゃない寝姿だったんだもん。絶対死んでるかと思って焦っちゃってそれどころじゃなかったよ。」

と当時の状況を興奮気味に語ってくれました。

この時私は「そんなことくらいで焦るなんてまだまだ勉強が足りないな」などと内心思い、奥様の未熟さと自分のフトアゴに対する勤勉さからくる余裕の差に少々の優越感を持っていました。

まさかそれがその晩、痛烈なるしっぺ返しを食うことになろうとは夢にも思わず。

その後私は仕事に出かけ、奥様からメールで送られてくるモカ・フォトグラフィティーに目を輝かせ、そこに記された『モカ、脱皮せり』の報に心を躍らせていました。

永遠とも感じた就労時間が終わり、ようやく帰宅し、待望のモカの我が家での初脱皮の痕跡を確認しました。
思いっきり周囲に脱ぎ散らかしていて思わず笑ってしまいました。
下が回収したモカの皮

だっぴ!

その後乾燥防止にモカを手に乗せて霧吹きをおこない、喉が渇いていそうだったのでスポイトで水を飲ませました。
私の指に落ちた水の滴を一生懸命チュッチュ吸ってくれるあまりの可愛さに思わず頬ずりしたくなったけど間違いなく怖がられるのでグッと我慢しました。

そうこうしているうちに眠そうな顔をしてくるモカ。
それではそろそろお休みの時間にしますかとバスキングライトを消す。
すると次の瞬間・・・・・・。

モカ、マーライオン化!!

・・・正確には食べた物を吐き戻しちゃいました
その後クテッ・・・と床に突っ伏してしまうモカ。

その時の私の動揺と言ったら、朝の奥様の比では無かったです。

狼狽し、うろたえるばかりでした。
ネットで対処法を調べてみたり、昨日お会いしたアゴちゃんパパさんにメールしたりなどして、それほど心配することはなさそうだというのは分かっていたのですが、不安で仕方がありませんでした。
とにかく今は休ませてあげて、明日の朝元気になっていてくれれば問題ないと信じて、モカと一緒に我々も床に就くことにしました。

ほとんど寝た記憶がないまま朝を迎え、不安で胸が潰れそうになりながらモカの様子を見に行くと・・・・・・

元気いっぱいに朝の光を全身で受け止めていました。

その後、糞もしてご飯も食べてくれ、今も元気にケージの中を走り回っています。
本当にホッとしました。

昨日日中元気いっぱいだっただけに、吐き戻してぐったりしたときはショックも大きかったです。
とにかく自分も寝ようと思っても、不安で胸が張り裂けそうでした。
これからまだまだいろんなことがあるだろうに、いちいちこんなに狼狽していたのでは駄目だな、と少し反省しました。

アゴちゃんパパさん、ご心配おかけしてしまって申し訳ありませんでした!
モカは今日も元気です!

りりしい

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/19(土) 23:56:09|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の日に来た子

ついにこの日が来ちゃいました。

昨日は興奮してよく眠れませんでした。

電車に乗っている間も緊張してました。

待ち合わせの駅に着き、しばらく待っていると携帯に着信がありました。

正直、心臓止まるかと思いました。

意を決して奥様と二人で、今回フトアゴベビーを譲っていただく事になった方(以下アゴちゃんパパ)のところへ。

これまではメールでのやりとりでしたから、実際にお会いするのは今日が始めて。

お会いしてみると、やっぱりとっても優しくて良い方でした。

アゴちゃんがあんなに幸せそうな理由が分かりました。

その後アゴちゃんパパさんの車でベビーちゃん達の待つビビちゃんの飼い主さん(以下ビビちゃんパパ)のご自宅へ。

そこに待っていたのは・・・・・・。

兄弟!

生後約一ヶ月ほどたったベビーちゃん×7の御姿が!
ちなみにこの前日セカンドクラッチ分の卵のハッチが始まったそうで、写真の中央下にいる小っちゃこいのが生後翌日のベビーちゃんです!

そしてそして・・・・・・

うまれたて

我々が到着する直前に孵化した子も!
産まれたばかりなのに元気いっぱいに走り回っていました!スゲェぞベビーちゃん!
まさかこんな決定的瞬間に立ち会えるなんて思ってもいませんでした。感動デス・・・(TωT)

みんなと

その後、どの子をいただくかで悩みに悩んだ末決定しました。

悩みすぎてもう全員いただいて帰ろうかと思ったのは秘密です。
(その場にいたワンちゃん猫ちゃん、その他爬虫類含む)


上の写真の一番下、私の手に捕まっている子がその子です。
後ろにいるのがこの子達のお母さんのビビちゃん。
そして決定と同時に奥様が名前を呼ぶ。

この子の名前はその瞬間から『モカモカ(通称モカ)』となったのです。

なんで2回言うの?と嫁に突っ込みたい気持ちを抑えるのに、僕は結構頑張った。

そして名残惜しいお別れの時間。
お持ち帰りようのケース越しにお母さんに最後のお別れ。

ビビちゃんが全力で食べようと狙っているように見えるのは気のせいだと思いたい。

おかあさんと

ビビちゃんパパさんの自宅を後にしてアゴちゃんパパさんの車で中野の爬虫類ショップまで送っていただきました。
写真はドライブ中のモカ。
周りの車に興味津々でした。
多分、喰おうと狙っています。

まて、お前にはまだ敵う相手ではないぞ。

初めてのドライブ!

そして中野の爬虫類クラブで買い物したあと、アゴちゃんパパさんとお別れしました。
その後帰宅し、モカを用意してあったケージの中へ。
ここに、新しい家族『モカ』との生活が始まったのです。

新しい生活!

よろしくねモカ。
まだ慣れなくて色々心配もあるだろうけど、私達も頑張るからいつまでも元気でいてね。

最後に、今回このような素敵な出会いをさせていただいたアゴちゃんパパさんとビビちゃんパパさん、本当にありがとうございました。
未熟な私達ですが、精一杯モカを育てていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/18(金) 23:24:23|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リンク追加のお知らせ

この度、当ブログにリンクを追加させていただきました。
追加というか、初登録です。

それがこちらあごにっきです。

こちらのブログは私がこのブログを始めた時から(正確には前から)一番最初にリンクさせていただきたいと願っていました。
ついに明日、我が家にやってくる新しい家族。
そのフトアゴベビーちゃんのお父さんフトアゴヒゲトカゲ『アゴちゃん』の飼い主さんのブログです。

とっても大っきくて、とっても可愛いアゴちゃん。
私も奥様も、このアゴちゃんの大ファンであり、うちに来る子がアゴちゃん似の子であることを強く願っています。
こちらがそのアゴちゃん!

パパ!

ちなみにこの『あごにっき』には様々なフトアゴ写真が掲載されていますが、某掲示板のフトアゴスレを震撼させた衝撃のフトアゴスケスケ写真は見ないと損します!

しかしいよいよ明日か・・・


ずっと待ち望んできたけれど・・・


いざその日を迎えると思うと・・・


・・・・・・・・・






駄目だ。

緊張して死んでしまいそうだ(virgo嫁談)。



  1. 2008/07/17(木) 22:42:33|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フトアゴの個体の選び方

あさってです。

明後日には我が家にフトアゴヒゲトカゲのベビーちゃんが降臨されるのです。

ベビーを譲り受ける事が決まってからのここ1ヶ月というもの、寝ても醒めてもフトアゴのことばかり考えていました。
仕事の休憩時間には毎回携帯でフトアゴの情報を求めて検索し、待ち受け画面に設定しているフトアゴベビーの画面を眺めてはニヤニヤしていた私。
他人から見ればさぞ

得体の知れない気持ち悪さを存分に垂れ流していた事でしょう。

しかし、ようやくその日が手の届くところまでやってきました。
そこで今日は、実際にフトアゴベビーちゃん達と対面を果たし、どの子をvirgo家に迎え入れるかを検討する際に重要となる個体選びの目安をまとめてみたいと思います。

まずなにより重要なのは、体が大きく元気の良い個体である事。
物陰に隠れてじっとしている個体や、うずくまって目を閉じている個体よりも元気よく走り回ったりライトに近い良い位置をとってバスキングしている個体の方が良いでしょう。

その他の注意点として

・目の周りが窪んでいたり、肋骨が浮き出ていたりなど痩せすぎていない個体。
・尾の付け根の部分骨が浮き出ていない個体。
・目や四肢など、体に異常のない個体。
・背骨が歪曲していない個体。
・餌を良く食べている(よく太っている)個体。
・そう排泄口が汚くない個体。


を参考に個体を選ぶと問題が起こりにくいみたいです。

元気いっぱい!

特にベビーは生後2ヶ月程度、体長で15cmくらいになるまでは体調を崩しやすく、生まれつき体の弱い個体は飼育もかなり難しいようです。
私は特に今回がフトアゴ初飼育となりますし、なるべく元気の良い子を選ばせていただければなと思っています。

ちなみにフトアゴヒゲトカゲの特徴の一つである体色と模様ですが、体色は成長とともにかなり変わっていくようですが模様はあまり変化する事は無いみたいです。


などと色々考えていても実際にフトアゴベビー達と対面したときに、

とっても可愛い模様があったり、個性的な行動をする子がいれば速攻決めてしまいそうな自分がいて、ちょっと怖いです。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/16(水) 23:25:18|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

閑話休題(それはさておき)

我が家にフトアゴベビーがやってくるまでもうあと少しです。
来るべきその時に向けて、毎日ケージ内の温度調節の練習をしたり、用具を買い揃えたり、そしてこのブログを使って飼育の知識をまとめてみたりしています。

もうワクワクが抑え切れません。

しかし、大切な準備がまだ一つ、手付かずのまま残っています。
こちらもとても重要なことなのですが、遅々として進まないのです。

そう、名前です。

嫁さんと一緒に日夜頭を悩ませているのですが、「コレッ!!」といった決定打が生まれません。

ちょっとこの機会に、これまで出た名前の候補を書き出して整理してみようと思います。

みかん
いよかん
ゆず
とまと
ポン
メレンゲ
ピノ
サーティーワン
シャービック
れもん
プリン
しーくぁーさー
キングシーサー
フランフラン
ベリーベリー
ギドラ
サラマンダー
ガブリエル
ウルル
スイラン
チーズ
雷太
百千鳥丸(ももちどりまる)
モカ


これまでに協議にかけられたものの一部だけでこれだけあります。
協議するに値せずその場で却下となったものはこの12倍くらいでしょうか。

なお、食べ物由来の名前が8割方を占めているのは当家の仕様です。

ちなみに、下の写真の子達が我が家の新しい家族となる予定の子達です。
私が譲り受ける予定の子達は全員で7匹兄弟らしく、
もしかしたらこの写真の中の一匹が我が家に来る事になるかも知れませんね
写真は、相手の飼い主さんが掲示板にアップしたものを使わせていただきました。

どれがどれだ!?


可愛すぎる・・・+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.

受け取り予定日まであと数日。

・・・・・・名前、決まる気が、しねぇ。

このまま決まらないまま受け渡しの日を迎えてしまった暁には最終手段として

名前の候補を書いたプラカードを付けたコオロギをケージに大量投入し、最初にフトアゴが喰らい付いたやつに決めようと思っとります。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/15(火) 22:15:56|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飼育環境について(ケージ編)

フトアゴヒゲトカゲを飼育する際に必ず必要となる水槽(ケージ)。
フトアゴの脱走防止や温度、湿度を含めた環境調節など重要な役割を持っています。

まず、基本としてフトアゴヒゲトカゲは単独飼育が望ましく、1匹につき1ケージが必要です。

協調性は割と高い爬虫類ですが、

・縄張り争いや発情期の喧嘩
・餌と間違って指や尻尾を齧ってしまう(最悪共食い)
・重なり合った場合に爪などで目や体を傷つけてしまう
・優劣によって餌にありつけない個体が出るなど成長に差が出る。


など問題があるみたいです。

【用意するケージの種類】
[サイズ]
ケージのサイズは、横幅がフトアゴの全長の2倍、奥行きがフトアゴの全長程度というのが目安になるそうです。
爬虫類ショップ等で良くフトアゴベビー用飼育セットとして売られており、また推奨されている事が多いのは60サイズ(60×45cm)です。
それ以上の大きさだと温度管理が難しく、またベビーの間は広すぎて餌を捕まえにくくなるそうです。
ただ将来的にフトアゴが成長した際、60サイズでは少々狭くなってしまうため、最初から90サイズ(90×45cm)を推奨している飼い主さんやブログなども多いです。

先走りケージ

ちなみに私が用意したのも90サイズのケージです。
実際に設置してライト等を使用して毎日温度管理の練習をしていますが、温度勾配のつけ易さから言っても90サイズで良いように思えます。
あとは実際にフトアゴベビーがやってきた時にコオロギ等の餌を問題なく捕まえられるかどうかですね。

フトアゴは基本的に立体活動はあまり大きくないので、それほどケージの高さは必要としないようです。
だいたい45cmくらいあれば十分みたいです。

[その他注意点]
ケージの種類として、熱帯魚用の水槽のように上が開いているものは、多少注意が必要みたいです。

・フトアゴが脱走する恐れがあるので必ず金網等で蓋をする。
・風の通りが悪く熱が篭りやすいので温度管理に注意が必要。
・上から手を入れると怖がる個体もいる。


爬虫類飼育用に売られている、扉が前開きのタイプが管理の面では良さそうですが、水槽タイプに比べるとお値段が高いものが多いです。

[設置について]
別の項でも述べましたが、ケージを設置する場所の注意点として窓際は避けるということが重要です。
窓際は外気と近く、一年を通じて温度や湿度の変化が大きく管理が難しい場所です。
また、直射日光に晒されることによりケージ内の温度が上昇し、フトアゴが大きなダメージを受ける危険もあります。
フトアゴには紫外線が必要だから窓際が良さそう・・・・・・と考えてしまうかも知れませんが、
そもそも紫外線はガラスを通る際に著しく減少します。
フトアゴへの危険の方が遥かに大きいですから、ケージはなるべく直射日光のあたらない場所に設置しましょう。
  1. 2008/07/14(月) 22:51:28|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飼育環境について(紫外線編)

別の項でも書きましたが、フトアゴヒゲトカゲにとって紫外線はとても重要なものです。

フトアゴは紫外線を浴びる事によって成長や健康維持に不可欠なカルシウムを吸収するために必要なビタミンD3を体内で作り出しているからです。
フトアゴはほとんどの場合、室内飼育となるでしょうから太陽光が届きにくく、紫外線灯をケージに設置するなどしてそれを補ってあげなければなりません。

紫外線灯


なお紫外線灯の種類によって紫外線の有効放射距離等に違いがあるため適切な設置が必要です。
紫外線灯は太陽の代わりですから、朝に点灯し、夜に消灯します。
また、いくら性能の良い紫外線灯でもやはり本物の太陽光には及びません。
通常は紫外線灯を使用しながら、状況が許せばできるだけ実際に日光浴をさせてあげたほうが良いようです。

ただ、日光浴をさせる際にもいくつか気をつけなければならない事があります。
特に注意しなければならないのは夏場の高温状態で、熱中症を引き起こして最悪の場合死に至ることもあります。

太陽光で日光浴をさせる場合は

・直射日光のあたらない日陰を作ってフトアゴが逃げ込めるようにする。
・風の通りが悪く熱の篭りやすい水槽タイプのケージは避ける。
・目を離さず、常にフトアゴの様子を確認しておく。


等をしっかりと心掛けておくことが大切です。
  1. 2008/07/13(日) 20:48:10|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飼育環境について(温度編)

フトアゴヒゲトカゲの飼育において、給餌とおなじく重要となってくるのが飼育環境です。

フトアゴヒゲトカゲは変温動物ですから、体温の調整を自らではおこなえません。
そのため、フトアゴが活動するために快適な温度環境を用意してあげる必要があります。
逆を言えば、適切でない環境では食事・消化・排便等の基本的な生命活動に支障をきたしてしまうということです。

温度設定はケージ内でできるだけ温度勾配ができるように心がけ、フトアゴがその時々で自分の快適な温度の場所を選べるようにしてあげる事が大切です。

《 ケージ内での温度設定の目安 》

【昼間】

【ライト直下の最も暖かい場所】
40℃前後


【ケージ内の一番温度が低い場所】
25~30℃


【夜間】

【成体】
20℃前後

【幼体】
25℃~30℃


なお、これらの数値はあくまで目安です。
個体の好みや体調によって当然適正な温度は変わってきます。
フトアゴの状態をよく観察する事を心掛け、例えば日中ずっとバスキングライトの下にい続けるようなら温度が低すぎる事が考えられれますし、逆にずっと日陰に隠れていたり、ライトから遠いガラス面にくっついていたりするようなら温度が高すぎる事が考えられます。

特に夏場の高温状態は命に関わることもあるので注意が必要です。
夏場はできるだけエアコンで室内の温度を一定に保つようにし、またケージを窓等の直射日光の当たる場所に置かないことで対策をしましょう。


_________________________________________

この項目も随時更新していきます。

  1. 2008/07/12(土) 23:47:55|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトアゴベビーの餌について

どのペットを世話する時でも同じだと思いますが、
給餌は飼育の中でも非常に重要なウェイトを占めると思います。
特に今回我が家にやってくるフトアゴは生後一ヶ月程度なので、
成長と健康に大きく関わってきます。

今回は、当面参考にする事になる
ベビー時の給餌についての注意点等をまとめてみたいと思います。
この項目に関しては、随時更新を続けていく予定です。

フトアゴベビー
ちなみにフトアゴのベビーちゃんはこんな感じ
____________________________________

【給餌】

幼体時は動物食傾向が強いため、コオロギ等の昆虫類を中心に与えます。
しかしコオロギ等の昆虫には骨が無く、フトアゴの成長と生体維持に必要な
カルシウムに乏しいため別途サプリメント等で補う必要があります。

また栄養のバランスと偏食防止のために、
野菜や栄養バランスに優れた人工飼料も与えていきます。

ただ幼体時はどうしても昆虫等の嗜好性が強いため
まず野菜や人工飼料を与えてからコオロギ等を食べさせるようにすると良いみたいです。
ベビーの間は一度にあまり食べる事ができないらしく、まず朝に野菜を与え、
時間を置いてからコオロギ等をあたえると良いようです。

[与える野菜の種類]
ニンジン、ピーマン、トマト、小松菜、チンゲンサイ、カブや大根の葉、アスパラガス、
パセリ、サニーレタス、果物(バナナ、リンゴ、ミカン、ブドウ)

野菜は必ず水洗いして農薬を洗い流してからあたえる。
旬を外れた野菜は灰汁を多く含むのでひかえたほうが良い。

[注意の必要な野菜]
ほうれん草:農薬を多く含む可能性があるとともに、シュウ酸がカルシウムと結合し
結石を引き起こす場合があるらしいので与えすぎには注意が必要。

キャベツ・ブロッコリー:ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)が多く含まれているので
常用はやめた方がが良いそうです。

キュウリ:ビタミンCを酸化、破壊させる酵素(アスコルビナーゼ)が含まれるので
他の野菜と共に与える時には注意が必要。

[避けたほうが良い野菜]
灰汁の強いもの、ジャガイモ、タマネギ、ネギ、ニンニク、スイカ、メロン

【給餌の際の注意】
重要な事としてフトアゴは、
体が十分に温まっていないと食べたものを消化できないという事です。
そのため給餌はフトアゴの就寝する2時間前くらいには終わらせておかないと
夜間体温が下がった際に消化不良を起こしたり、
最悪体内で食べたものが腐って命に関わる事もあるようです。

コオロギはそのままにしておくと夜間寝ているフトアゴを齧ったり、
ストレスを与える原因となるようなので食べ残した場合はケージから出します。

【給水】

ベビーの間は脱水に気をつけなければいけません。
水入れから水を飲む個体もいるみたいですが、そうでない子には
スポイト等で水を鼻先に垂らしてあげたり、
霧吹きで湿らせてあげたりすると良いという話も聞きます。
また、お風呂に入れてあげた時に
口をつけてゴクゴクと飲んでくれる場合もあるみたいです。


___________________________________


ザッと書きましたが、この項目と今度書く予定の飼育環境の項目は
一番自分で参考にしたい部分なので随時更新してまとめていきたいです。

て言うかぶっちゃけこの項目のメモを作る事がこのブログを作った理由みたいなものです(笑)
重要な事だからこそでしょうか、結構ブログやペットショップなどによって内容が違うものですから。

それでは最後にまたネットで見つけたフトアゴ動画をひとつ。
フトアゴ君の衝撃の捕食シーンですw





  1. 2008/07/11(金) 22:49:00|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケージ製作

迫るフトアゴベビー襲来の日に向けて、本日は飼育環境製作に勤しみました。

まず昼過ぎに近所の材木屋さんへ出向き、ケージを設置する棚板にする板を購入。
90×45と45×30の水槽二つを並べて置きたいため、余裕をもって130×50程度の値段の安そうな板を嫁さんと一緒に物色・・・するといい塩梅に125×55寸法の端材(余った材料)を発見!
千円で売ってもらいました
一見して材木泥棒の様相を呈しながら嫁さんと部屋へ持ち帰り、板に軽く下地調整をおこなった後ベランダで塗装。
日曜大工

ちなみにこの塗料、かなり高級な材料でシックハウス症候群の心配が無いどころか、下手をすると調理油として料理に使え美味しくいただけてしまうほどのポテンシャルを秘めています(一部誇張表現あり)
それだけにアレルギー体質の嫁さんにも安心だし、なにより大切なフトアゴベビーのケージが乗る台ですからね
そんな高級な塗料をどこから手に入れたかはムニャムニャムニャ・・・・・・。

続いてケージの背景が寂しかったため、ネットで見つけた風景画をプリントアウトして貼り付けることに。
ただ我が家のプリンターはA4サイズが最高のため、6枚に分割してプリントした写真を切り貼りするという地道で原始的な作業を駆使
さらに6枚では大きさが足らない事が判明し、急遽写真を反転させてプリントしたものを3枚追加。
切り貼り


恐ろしく不自然な雲と岩の影については、一切コメントすることを禁止させていただきたい。

virgo家のケージ

そして一応セッティングしてみたのがこちら。
床には先走ってペットシートを敷いてみたりして、もうすっかり受け入れ準備が完了したような気分です。

もちろん飼育の知識を含め、用意するものはまだまだあります。
残りの時間を有効に使って、フトアゴベビーにとって少しでも良い環境を作れるよう頑張ります!


しかし、肝心なフトアゴの名前は決まる気配すらないな・・・・・・。どうしよう。

  1. 2008/07/10(木) 21:47:15|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトアゴヒゲトカゲとは

さて今日は実際に飼育を始める前に、このフトアゴヒゲトカゲとはどういう生き物なのかということを自分でもう一度確認しておきたいと思います。

【和  名】 フトアゴヒゲトカゲ
【英  名】 Bearded Dragon(髭をもつ龍)
【生息域】 オーストラリア中~東部
【全  長】 40~50cm
【食  性】 雑食性
【活  動】 昼行性

2フトアゴ


フトアゴヒゲトカゲはオーストラリアを生息地とする、大きめの頭部と太めの体型をした中型のトカゲです。
特徴として下顎から喉にかけて密集するトゲ状の鱗を持ち、喉を膨らませて相手を威嚇する時や雄が雌に求愛する時などにそれを真っ黒にする事が顎鬚に喩えられ名前の由来となったそうです。
このトゲ状の鱗は頭部の後ろや体の側面にも生えていますが見た目ほど硬くはなく、手に刺さったりなどということはあまり無いみたいです。

食性は昆虫や小型の小動物、植物の葉や花、果実などを食べる動物食の強い雑食性で、幼体時には動物食を好み、成熟とともに植物食の傾向が強くなっていくみたいです。

生態は昼行性で、日光を浴び体温を上げて活動する。
また紫外線を浴びる事によって体内でビタミンD3を作り出しているようで、それによってカルシウムを吸収するため、日光浴はフトアゴヒゲトカゲにとって非常に重要な行動であるといえます。

性格はおとなしくて物怖じせず、人にもよく慣れることが多いと言われています。
成体になれば体も丈夫で病気も少なく、環境の変化にも強いようです。

繁殖形態は卵生で、一度の産卵で10~30個程度の卵を産むみたいです。
ちなみに卵は鶏のような硬い殻をもたず、プニプニとした柔らかいものだそうです。
雄は比較的雌よりも頭部が大きい、とか興奮すると顎を黒くし頭を上下に激しくカクカクさせる「ボビング」という行動を行うこと等で性別を見分ける目安になる、という話もありますが一概にはそうも言えないらしく、特に幼体時の性別の判断は難しいみたいです。

寿命は基本的にウサギと同じくらいで、6~8年程度と言われているみたいです。

生息地はオーストラリア中~東部の砂漠や森林等あらゆる場所に生息しています。
普通に公園とかで歩いていたりもするらしいです。
ただ、オーストラリアが自国の野生動物の輸出を厳しく規制している関係で、現在流通している個体の多くは規制開始以前に国外に持ち出されて繁殖させたものらしいです。
ちなみに野生のフトアゴヒゲトカゲは気性も荒く、警戒心の強い個体が多いそうです。

フトアゴヒゲトカゲは爬虫類の中でも、初心者にも比較的飼いやすい種類だと思います。
性格も穏やかで(おとなしい子はほとんどされるがまま)病気などのトラブルも少なく、食事も雑食性であることから融通が利きやすいみたいです。
活動的で仕草も可愛く、見ていて飽きる事がありません。
表情はあまりありませんが、そのクリッとしたつぶらな瞳は愛くるしさ満点で、目が合った時に小首をクイっと傾げられるだけでもうたまらないほど愛しく感じます。

そのフトアゴヒゲトカゲが来週には我が家にやってきます。
飼育設備は徐々に整ってきましたが、それと同じくらい飼育に関する知識が重要だと思います。
残りの時間を使って少しでも多くの知識を集め、飼育に役立てたいと思います。

そして今回のエントリで使用した、文末の「~らしいです。」や「~だそうです。」といった表現を取り払い、自分の言葉で自信を持ってこの愛すべきフトアゴヒゲトカゲを紹介できるようになりたいです。

では最後にまたネットで見つけたフトアゴ動画を。
これもいつかは我が子の動画にしたいなぁ!

ちなみにこの喉を真っ黒にして首をカクカクさせているのが雄の求愛行動と言われている「ボビング」
雌が腕を後ろから前にクルクルと回す「アームウウェービング」という行動で答えれば交尾OKのサインと言われていますが、この雌フトアゴちゃんはガン無視(笑)
何度トライしても相手にされず、最後は自棄になって謎の行動をとり始めますww

  1. 2008/07/09(水) 23:59:14|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飼育を始めるにあたっての決意表明?


今日はフトアゴヒゲトカゲの飼育を始めるにあたって、自分自身の心構えのようなものを再確認し、
また飼いはじめてからもそれを忘れる事の無いようにここに記録したいと思います。

_____________________________________


曰く。

飼育に際しては我が子であるフトアゴの健やかなる成長を願うため飼い主としての自覚と責任を持ち、
先人達の経験と知恵を借り様々な情報を入手・理解し飼育に反映しなければならない。

ただし「爬虫類の飼育に答え無し」と言われる事があるように、個体・飼育環境その他の条件によって

『ある個体に対して有効であるものが、別の個体に対しては逆効果になってしまう』

という事を十分に踏まえ、特に初の飼育に臨む私などは一つの場所で目にした情報をすべてと盲信し早計に判断したりせず、
できる限り手広く多くの知識を集め、また実際に飼育を始めた際はその個体の状態・嗜好、その他に逐次注意を払い、
状況に応じた判断と対処を心掛ける事が重要であるという事を肝に銘じておかねばならない。

少し迂遠な言い方になってしまったが、とどのつまり簡潔に表現するならば

高度に柔軟性を持った情報収集・分析能力を保ちつつ、且つ状況の変化に臨機応変に対処すべし!

という事である。
おかしい。余計に曖昧でテキトーな表現になってしまった・・・。
もういい。
早い話が

ドクドクに溺愛しながらも眼(まなこ)はしっかりと開けておけ!

という事だ。

・・・アレ?なんの話をしていたんだっけ?
そうだ、フトアゴを飼うにあたっての心構えだった。

・・・まぁ正直、初めての飼育という事でちょっぴり不安もありますが、飼うと決めた以上
うちの家族になってくれるフトアゴくん(ちゃん?)に少しでも幸せになってもらうために
できる限りの事はしてあげたいと思います。

向かえ入れの日を間近に控え、奥様ともよく話しているのが
「どんな凶暴な子でも、問題がある子でも、元気に育ててあげなきゃね」
って事です。

Xデーまであと少し。
やるべきことはまだまだあります!

それではまた最後にネットで見つけた私のお気に入りフトアゴ動画をメモしておきます。


て言うか、こんなに可愛い子達、大切にしないワケがない!





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/08(火) 23:58:47|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ今、フトアゴヒゲトカゲなのか。


現在、私が一番興味をもって調べているもの、フトアゴヒゲトカゲ。

では何故、数多存在する愛玩用ペットの中でもっとポピュラーな犬や猫、
はたまたウサギやハムスター等では無く爬虫類なのか。

理由は多くある。

一つ。私の奥さんがアレルギーを持っており、毛の多い動物を飼うのが困難である。
一つ。私も奥さんも蛇を含め爬虫類に抵抗が無い。むしろLOVE
一つ。基本的にペット可のマンションではない・・・。
一つ。なので鳴いたり、引っ掻いたり、毛が抜けたり、臭いの出ない(出にくい)小型爬虫類はうってつけ。
一つとにかく可愛い!!(コレ重要)

その他にも理由は多くあるが、主なものはここら辺だろうか。
ペット可では無いとはいえ、小動物を飼っている人なんてのは沢山いますし、極端な話
ゴキブリだってペットみたいなもんですよ。
ヤモリのちょっと大きい版ですからこれくらい御目溢しください。

それでも大家さんに駄目って言われたら奥様と一緒に
ちょっと大き目のヤモリを抱いて潔く退去しますよ、ええ。

でも実際飼育に踏み切ったのは、生まれたばかりのベビーを譲っていただけることになったからです。
我が家にやってくる予定は今月の下旬ころ。
そんなわけで来たるべきXデーに向けて、現在飼育方法や飼育設備諸々に興味津々と言うわけです。

これまで私も奥様も犬や猫の飼育経験はあれど、爬虫類は初めてですからねー。
飼うと決めたからには可愛い我が子のために全身全霊を持って挑みます。

さて、自分のフトアゴヒゲトカゲ飼育に向けての経緯や意気込みもメモしておいたことですし、
明日からは実際の飼育に向けての実用的な記録を始めたいと思います。

何しろこの数週間ずっと資料や他の飼い主さん達のブログ等を見て勉強していましたが、
それぞれに結構違いや個性がありうまく自分の中でまとまりきっていないのです。

迎え入れてからアタフタする事の無いよう、
自分でいつでも参考にするための飼育方法や設備のまとめを少しずつでも作っていきたいと思います。

最後に、またネットで見つけたフトアゴ動画をメモ。

フトアゴはやっぱり可愛いなぁ(はぁと)





  1. 2008/07/07(月) 23:43:14|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フトアゴヒゲトカゲのこと


早速ですが新しいカテゴリを追加したいと思います。
私が今一番興味を持って調べている事。

それは

フトアゴヒゲトカゲという爬虫類です。

て言うかこのブログを始めようと思った理由の半分くらいがこのフトアゴです。

以前からペットを飼いたいと思い続けていました。
私も妻も、2人揃って大の生き物好き。

休みの日は年間パスポートを購入している動物園に足しげく通い、
街を歩けば2人して犬や猫はいないものかと辺りを伺い。
そんな私達がついにペットを飼う事を決意したのです。

それが何故鱗の生えた無愛想な爬虫類なのかというのは些か説明を要するとは思いますが、
その事についてはこれから連綿と続く当ブログのエントリをご覧になっていただければ
皆さま必ず得心がいかれるものと自負しております。多分・・・。

それではそのフトアゴヒゲトカゲのご紹介も兼ねて、私のネットで見つけた動画のメモをとっておきましょう。

どうです?可愛いでしょ?





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/06(日) 22:23:10|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「始めのメモ」

誰しもそうだとは思うんですが。
日頃色々な事に興味を持ったり、
ちょっとネットで調べごとをしたり。

そういった事って、しばらくしてから
「アレ?アレってなんだったっけ?」
 とか
「アレがあったのって何処のホームページだったっけ?」
って事が、私よくあるんです。

歳をとって脳のシナプスの脆さにも磨きがかかってきたし。
されど興味の種は尽きる事は無いし。


そんな自分のための、ネットの海に浮かべる目印のブイを集めた場所。
それと興味の種を育てる日々の徒然なる日記。

そんな場所にする予定なんです、此処。

・・・・・・

と、忘れっぽい自分のために最初に書いておきますね。


  1. 2008/07/06(日) 21:32:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

virgo

Author:virgo
何気ない日々の記録や記憶のためのMEMO代わりに使う予定だったのですが・・・

飼育を始めたフトアゴヒゲトカゲの『モカ』の飼育日記と化している・・・

そんなブログをやっている人です。

「よく写真を撮ります。」
「たまにモカの絵を描きます。」
「稀にモカが巨大化して街を闊歩します。」

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (66)
フトアゴ日記 (197)
家電・ホビーなど (19)
スナップ生活 (50)
グルメ (10)
シネマ (4)
いきもののしゃしん (23)
大怪獣モカラシリーズ (8)
フトアゴヒゲトカゲの飼育について (6)

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。