モカメラぶろぐ

私virgoがお届けする、ほとんどモカの写真集的なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自己解決




お、いけるっぽい!

スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 22:37:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

いやはやまいった

ビデオデッキが壊れて困っていたのに続いて、追い討ちをかけるようにパソコンまでおかしくなっちゃいましたよ。
先週の土曜日から電源を入れてもまったくwindowsが起動してくれないのです。
パソコンの知識がまったく無いのでどうしたらいいのか困りはてています。
パソコンの修理屋さんみたいなのをタウンページかなんかで探せばいいんですかねー。

ちなみに現在はiphoneから細々と書き込んでいます。
超やりづれぇ。

何が困るって写真をアップできないのが1番キツイ!
iPhoneからFC2ブログに写真をアップする方法ってあるのかしらん。
パソコン使えないとこういった調べものもやりづらいから困りますヨネ。

早くビデオもパソコンもある生活に戻りたい!
ねっ!モカ‼(画像なし)
  1. 2010/03/29(月) 22:03:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原VHS探索紀行 その2

昨日に引き続き、先週秋葉原のビデオ屋さんで購入したVHS作品のご紹介。
本日紹介するものはモロに私の趣味が出ちゃってるラインナップかも知れませんw



『デモンズ2001』2000年ニュージーランド
・ホラーシリーズとして人気のあるデモンズシリーズの名を冠している作品です。
 ただ、よく調べてないので本当に正当なシリーズものなのかは不明。
 B級映画、特にホラーものではヒット作の名前をパクるのは常套手段を超えてもはや文化の一つですからねー。
 今回行ったビデオ屋さんでも「エイリアン・ビギンズ」「ヴァン・ヘルシング VS スペースドラキュラ」など、ざっと見ただけでも香り立つようなタイトルがいくつも見受けられました。
 買う勇気なかったですけど。

『続・死霊のはらわた』1997年アメリカ
・上からの流れですが、これも明らかに有名作品に乗っかった感丸出しのタイトルですよねー。
 パッケージには堂々と「死霊のはらわたシリーズ最新作」と書かれていますが本当でしょうか。
 サム・ライミが怒りのあまり蜘蛛男のコスプレで殴りこんでこないでしょうか。
 それだけが心配です。
 あとおそらく主人公役と思われる俳優の名前が「エドガー・アラン・ポー4世」とあるのですが、
 この件に関しても色々と問い詰める必要がありそうです。

『アンデッド』2003年オーストラリア
・これはゾンビ映画の中では割と評判のいい作品なので、安く手に入れる機会を待っていました。
 B級映画の代名詞ともいえるゾンビ映画観賞は砂漠の中から砂金を見つける行為にも似たマゾヒスティックさが求められることがあります。
 なので安定した評価を得ている作品を見る際の安心感は格別なのです。
 ある種のドキドキ感はなくなりますが(笑)

『Wild ZEROワイルドゼロ』1999年
・ギターウルフ主演の日本製ロック・ゾンビムービーという他に類のない作品。
 これも以前から見たかった作品だったので今回購入しました。
 ただ、今回購入した中でこれだけダントツ高値の700円!!
 ただこの機会を逃すと次は無いかもしれないので思い切って購入。
 見るのが楽しみです。

『NATIONAL GEOGRAPHIC VIDEOナイルワニの最後の祝宴』
・激しい干ばつで消えゆく南アフリカのルブブ川で、生き物たちの織りなす命のドラマをカメラが追います。
 水辺で圧倒的な支配力を見せるナイルワニですが、カバにだけはされるがままなのが凄く意外でした。
 子供のカバにいくらちょっかい出されても近くにお母さんカバが目を光らせていると無抵抗。
 でも逆に赤ちゃんワニがカバの背中で日光浴してたりして可愛い。
 そして最も体の大きかった老いたナイルワニが干ばつで川が消滅した後も一頭だけそこに留まり、川とともに命を終えたラストは胸に迫るものがありました。
 
 


ちなみに昨日紹介した作品も含め、ほとんどが50円でした。
この低価格が終焉を迎えつつあるメディアの魅力の一つですよねー。

そして最後に紹介したナショジオのナイルワニビデオですが、これを観賞後に
ビデオデッキが突如大破!
せっかくのテープが千切れ飛んでしまいました。

そのため購入した他のビデオはいまだおあずけ状態です。
現在安い中古ビデオデッキを探し中。
早く手に入れて観賞したいものです。

ちなみに千切れたワニビデオは解体してテープを繋いでみたところ問題無く再生できそうな感じでした。

組み立てなおした際に謎の部品が3個余ったのが気がかりではありますが。

そして最後に、ここ最近で最大級の脱皮を行っているモカをご紹介。
頭から体から、剥けまくってます。
頭バリバリ

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ←モカ達爬虫類の可愛さを少しでも広めるためにクリックしてくだされば幸いです!

【D40+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G】

テーマ:映画紹介 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/23(火) 23:42:15|
  2. シネマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋葉原VHS探索紀行

先週、某友人のA氏から連絡がありました。
氏曰く

「秋葉原の某ビデオ店にて閉店セールが行われているので
 確認されたし。ちなみにVHS1本50円から也」と。


B級映画好きでVHS愛好家の私にとってその情報は非常に魅力的であり、
現在の仕事場が飯田橋ということで秋葉原へのアクセスも容易であったために早速足を運んでまいりました。
通常1年に1回行くかどうかの秋葉原に1週間で3回も。

まあその3回中には色々とアクシデントもあったりしたのですが、そこそこの収穫もあり一応満足できる結果と言えました。
最近VHSの取り扱い店舗も減ってきているため、あまり贅沢なこと言えないというのもありますが。

今回入手したタイトルは以下のとうりです。
未見の作品が多いのでコメントは適当。


『ナチュラル・ボーン・キラーズ』1994年アメリカ
・公開当時から見よう見ようと思いつつスルーし続けた作品。
 タランティーノ絡み、パッケージに書かれた『「時計仕掛けのオレンジ」以来、最も過激な映画!』の煽り文句など
 なかなか視聴意欲をそそります。プロット的にはボニー&クライドを彷彿とさせますねー。

『デッドコースター ~ファイナル・デスティネーション2』2000年アメリカ
・「死の運命」そのものが襲いかかってくるという画期的なプロットで大ヒットを飛ばしたシリーズの3作目。
 1・2は楽しませていただけたのでこの作品にも期待大です。
 個人的に大好きな俳優、トニートッドさんは今作もしっかり出演しているようなのでそれも楽しみ。

『フォーン・ブース』2002年アメリカ
・これも気になりつつ未見だった作品。
 コリン・ファレルの独り芝居的な演技が楽しみ。

『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』2003年ニュージーランド
・超有名大作。第2部までみて、今作はずっと未見でした。面白くないわけではなかったのだけど……
 監督のピーター・ジャクソンは昔の変態ゾンビ映画撮ってた頃から好きでした。
 ちなみにVHS2本組。久し振りに本編中に入れ替え作業を体験できます。

『美女と野獣』1991年ディズニー
・これ好きです。
 できれば野獣に人間に戻ってほしくなかった。

『もののけ姫』1997年ジブリ
・ジブリ作品好きです。
 できればアシタカには人間ならざるものになってほしかった。

『世にも奇妙な物語ビデオの特別編1』
・「世にも奇妙な物語」10周年を記念して放送作品から選考された5作品が収録されています。
 個人的に岩井俊二監督・豊川悦司主演の「ルナティック・ラブ」の演出がとってもよかったです。
 あと「扉の先」主演の椎名桔平、「自殺志願」主演の山崎努の演技も好き。
 しかし皆さんお若い!

『世にも奇妙な物語ビデオの特別編3』
・これに収録されていた西村雅彦・奥菜恵主演の『先生の「あんなこと」』がずっと見たかった作品だったので嬉しかったです。
 どの作品もレベルが高く非常に楽しめました。
 個人的には三上博史主演「懲役30日」の絶望感がたまりません。

『世にも奇妙な物語 映画の特別編』
・矢田亜希子主演「雪山」が楽しみ。

『7人のおたく』1992年
・ウッチャンナンチャン・江口洋介・山口智子・武田真治・中尾彬など、豪華メンバーで送るドタバタコメディー。
 タイトル的にもイメージはオタクによる現代版7人の侍?
 子供のころに見て以来また見たいと思っていた作品です。
 ガチムチのウンナンが見られる今となっては貴重な作品。

『ヘルボーイ』2004年アメリカ
・赤いデッカイお兄ちゃんが大暴れする作品、らしい。
 アメコミヒーロー作品は好きだし、原作は呼んだこと無いのですが私の好きなクトゥルフ神話がテイストに含まれている作品らしいのでちょっと興味がありました。

『ラビリンス 魔王の迷宮』1986年アメリカ
・これも子供のころ見て大好きだった作品です。
 デビット・ボウイが下半身タイツ姿で登場します。カコイイ!
 どこかに子供のころTV放映された日本語吹き替え版ないですかねー。
 神谷明さんのサー・ディディモスが最高だったんですよ。

『サタデー・ナイト・フィーバー』1977年アメリカ
・説明不要のジョン・トラボルタ兄貴がカッチョいいことになる映画。
 この映画とパルプフィクションのトラボルタは神です。

『ガメラ2 レギオン襲来』1996年東宝
・平成ガメラシリーズの2作目となる作品。
 個人的にシリーズでもっとも娯楽度の高い作品だと思います。
 特に飛来したガメラが飛行形態から着地し、慣性で横滑りしながらレギオンに火球を連続発射するシーンは堪りません。
 金子監督、いつになったらゴジラVSガメラ撮ってくれるんですか。

『DAGON ダゴン』2001年スペイン
・原作はH.P.ラブクラフトの「インスマウスの影」クトゥルフ神話の代表的な作品です。 
 製作・監督のブライアン・ユズナとスチュアート・ゴードンというコンビはこれまでもラブクラフト作品を映像化していますが、「死霊のしたたり」シリーズなどは作品としてもかなり楽しめるものでした。
 余談ですが同じラブクラフト作品・ブライアン・ユズナ製作の映画「ネクロノミカン」はオムニバス3作のうち1作を前述した平成ガメラシリーズの金子監督が撮ってますよね。
 意外なところで繋がるものだなあ。



残り何本かあるのでそれはまた明日にでも。
それぞれの作品についてのレビューなんかもやりたいなあ。

最後におまけでモカ写真を。
なんとなく撮ったモカの鼓膜?みたいなやつです。
これって耳のすぐ内側にあるからすぐ破れちゃいそうでちょっと怖いですよねー。
モカ鼓膜?

ちょっとアップ
モカ鼓膜?アップ

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ←モカ達爬虫類の可愛さを少しでも広めるためにクリックしてくだされば幸いです!

【D40+SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II)】

テーマ:映画紹介 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/22(月) 23:54:34|
  2. シネマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

光を受けつつ腹脱皮

前回の日曜日、当ブログとリンクしていただいている華さん夫妻が遊びに来てくれました。

あいにくと私が撮った写真はモロにお二人が写っちゃってるのでこちらでは紹介できませんが、
華さんがブログで当日のことを書いてくれています。

お二人に久し振りに抱っこして遊んでもらったモカ。

ドラミちゃん状態だったお腹が剥けてきました。

腹剥け

食欲も凄いし、産卵後すっかり元に戻ったモカ。
華さん夫妻に抱っこしてもらっても、とっても気持ちよさそうだったのは、前回のことを覚えていたからかな?

今度は華さん邸にウサギのばるごとベネちゃんに会いに行かせていただきたいと思っております。
そして写真を撮りまくるのです!


にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ←モカ達爬虫類の可愛さを少しでも広めるためにクリックしてくだされば幸いです!

【D40+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G】

[光を受けつつ腹脱皮]の続きを読む

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2010/03/10(水) 21:00:35|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

産卵を終えたモカ、その後

日曜日に突如として卵を産み散らかし、我が家を驚愕の渦に巻き込んだモカ。

その後、念のために病院で色々と検査してもらいました。
レントゲン撮影等の結果、まったくの健康体であることが分かり一安心。

一番心配していたお腹の中での卵詰まり等もありませんでした。
よかったよかった。

産卵後のモカ

立ち姿に大人の女性としての威厳を漂わせるモカ。

実はこの2週間前にも別件で血液や便等の検査もしてもらっていたのですが、
血液の数値も正常で寄生虫も皆無ということでした。

健康でいてくれて本当にありがたいです。

産卵後のモカ腹

特に産卵とは関係ないのですが、モカの腹が脱皮で色が変わっています。
一足先に腹の真ん中だけ円形に剥けたので、そこだけ白くなっているのです。

それを見てふと

声変わりした国民的未来ロボみたいだなあ、

ネコロボ

と思いました。

おしまい



にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ←モカ達爬虫類の可愛さを少しでも広めるためにクリックしてくだされば幸いです!

【D40+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G】

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2010/03/03(水) 22:19:33|
  2. フトアゴ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

virgo

Author:virgo
何気ない日々の記録や記憶のためのMEMO代わりに使う予定だったのですが・・・

飼育を始めたフトアゴヒゲトカゲの『モカ』の飼育日記と化している・・・

そんなブログをやっている人です。

「よく写真を撮ります。」
「たまにモカの絵を描きます。」
「稀にモカが巨大化して街を闊歩します。」

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (66)
フトアゴ日記 (197)
家電・ホビーなど (19)
スナップ生活 (50)
グルメ (10)
シネマ (4)
いきもののしゃしん (23)
大怪獣モカラシリーズ (8)
フトアゴヒゲトカゲの飼育について (6)

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。