モカメラぶろぐ

私virgoがお届けする、ほとんどモカの写真集的なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飼育環境について(温度編)

フトアゴヒゲトカゲの飼育において、給餌とおなじく重要となってくるのが飼育環境です。

フトアゴヒゲトカゲは変温動物ですから、体温の調整を自らではおこなえません。
そのため、フトアゴが活動するために快適な温度環境を用意してあげる必要があります。
逆を言えば、適切でない環境では食事・消化・排便等の基本的な生命活動に支障をきたしてしまうということです。

温度設定はケージ内でできるだけ温度勾配ができるように心がけ、フトアゴがその時々で自分の快適な温度の場所を選べるようにしてあげる事が大切です。

《 ケージ内での温度設定の目安 》

【昼間】

【ライト直下の最も暖かい場所】
40℃前後


【ケージ内の一番温度が低い場所】
25~30℃


【夜間】

【成体】
20℃前後

【幼体】
25℃~30℃


なお、これらの数値はあくまで目安です。
個体の好みや体調によって当然適正な温度は変わってきます。
フトアゴの状態をよく観察する事を心掛け、例えば日中ずっとバスキングライトの下にい続けるようなら温度が低すぎる事が考えられれますし、逆にずっと日陰に隠れていたり、ライトから遠いガラス面にくっついていたりするようなら温度が高すぎる事が考えられます。

特に夏場の高温状態は命に関わることもあるので注意が必要です。
夏場はできるだけエアコンで室内の温度を一定に保つようにし、またケージを窓等の直射日光の当たる場所に置かないことで対策をしましょう。


_________________________________________

この項目も随時更新していきます。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/12(土) 23:47:55|
  2. フトアゴヒゲトカゲの飼育について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飼育環境について(紫外線編) | ホーム | フトアゴベビーの餌について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://virgohemp.blog116.fc2.com/tb.php/8-f7ef4b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

virgo

Author:virgo
何気ない日々の記録や記憶のためのMEMO代わりに使う予定だったのですが・・・

飼育を始めたフトアゴヒゲトカゲの『モカ』の飼育日記と化している・・・

そんなブログをやっている人です。

「よく写真を撮ります。」
「たまにモカの絵を描きます。」
「稀にモカが巨大化して街を闊歩します。」

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (66)
フトアゴ日記 (197)
家電・ホビーなど (19)
スナップ生活 (50)
グルメ (10)
シネマ (4)
いきもののしゃしん (23)
大怪獣モカラシリーズ (8)
フトアゴヒゲトカゲの飼育について (6)

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。